不動産購入時に必要な費用の画像

不動産購入時に必要な費用

不動産購入

不動産購入時に必要な費用とは


不動産を購入する際には、物件価格以外にさまざまな諸費用がかかります。不動産購入に伴う主な諸費用と税金の説明です。

※不動産購入にかかる諸費用の目安【物件価格の5~10%】 

具体的な諸費用と税金についても詳しく見てみましょう。

不動産購入にかかる主な諸費用

仲介手数料不動産会社に支払う費用で、物件価格に応じて決まります。

  不動産売買における仲介手数料は、売買金額により以下の速算式で計算されます。

  ※売買金額(消費税が課される場合は消費税を差し引いた金額)

   売買金額が200万円以下の場合…売買価格 × 5% + 消費税

   売買金額が200万円超~400万円以下の場合…売買価格 × 4% + 2万円 + 消費税

   売買金額が400万円超の場合…売買価格 × 3% + 6万円 + 消費税

  ・売買金額が1000万円の場合:1000万円×3%(30万円)+6万円+消費税:合計39.6万円

手付金売買契約時に売主へ支払います(売買代金に充当されます)

印紙税売買契約書に貼付する印紙代です。売買金額により印紙代が変わります。

登記費用不動産の所有権を記録するための登記手続きにかかる費用です。登記は司法書士が行います。登記をする際に課される登録免許税と登記を依頼する司法書士へ支払う費用となります新築住宅の場合は表題登記の費用も必要です。

不動産取得税不動産を取得した際に課される地方税です。

固定資産税・都市計画税:不動産を所有すれば課される税金で、一年毎に課されます,

不動産を購入する際は所有を開始した日により清算し売主に支払います。

融資手数料:住宅ローンを利用する際に借入をする金融機関に支払います。借入金融機関や借入金額により費用は変わります。

住宅ローン保証料住宅ローン利用者がローンの返済ができなくなったときのため「保証会社と住宅ローン利用者」の間で保証契約をするための費用です。借入金融機関や借入金額により費用は変わります。

団体信用生命保険料住宅ローン利用者が、死亡または高度障害の状態になった場合にそなえる保険です。住宅ローン契約者が負担する場合と金融機関側が負担する場合があります。

火災保険・地震保険料:火災や火災以外の諸々の災害による損害を補償する保険の費用です。必ず加入しましょう。金額は保証内容により変わります。

管理費・修繕積立金:マンションの場合毎月発生します。購入時は所有を開始した日により清算し売主に支払います。

これらの諸費用と税金を考慮して、不動産購入を計画しましょう。