相続登記の義務化の画像

相続登記の義務化

その他

相続登記の義務化とは


2024年4月1日から施行されている「相続登記の義務化」により、相続登記が義務となりました。この法改正は不動産の相続に関する手続きを明確化し、円滑な不動産流通を促進することを目的としています。従来、相続登記は任意で行われていましたが、相続登記が行われないまま放置されるケースが多く、所有者不明の不動産が増加していき、不動産の適正な管理や利用が困難となり、公共の利益が損なわれる事態が生じていました。これを受けて、政府は相続登記の義務化を決定し、適切な不動産管理を促進することを目指しています。

●相続登記の義務化により、以下の点が規定されました。
・相続人は、被相続人が死亡したことを知った日から3年以内に相続登記を申請する義務が生じます。
・相続登記を期限内に行わなかった場合、一定の罰則が科されることがあります。具体的な罰則の内容は、過料(罰金)などが含まれ、相続人にとって相続登記を怠ることが経済的な負担となるように設定されています。
過料の額は、具体的な状況に応じて異なる場合がありますが、一般的には10万円以下とされています。
●罰則が適用される条件として
・被相続人の死亡を知った日から3年以内に相続登記を行わなかった場合。
・正当な理由がなく、相続登記を怠った場合。
●以下のような正当な理由がある場合には、罰則の適用が免除される場合があります。
・相続人が法定相続人を確定するのに時間がかかる場合。
・遺産分割協議が長引いている場合。
・その他、合理的な理由がある場合。


※相続登記は複雑な手続きが伴うため、専門家(司法書士等)のサポートを受けることが推奨されます。専門家の助けを借りることで、手続きをスムーズに進め罰則の適用を避けることができます。法改正の趣旨を理解し、期限内に相続登記を完了させることが重要となります。

”その他”おすすめ記事

  • 空き家問題の画像

    空き家問題

    その他

もっと見る